読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安神経症なう

不安神経症(旧うつ病)のリアル報告ブログ

初めての心療内科 その3

 年輩気味の女医さんは、聞き取れないような早口で自分の名前を名乗ったあと、先ほどの問診で打ち込んだパソコンの画面を眺めながら症状を確認しはじめた。

 症状は多岐にわたり

  •  胃痛
  •  頭痛
  •  吐き気
  •  背中痛
  •  不安
  • ・やる気のなさ
  • ・朝の出社拒否
  • ・集中力の欠如

 これらを、一つ一つ繰り返し確認していった。

 次に、現在内科で処方されている薬の確認を行い「これだけちゃんと胃薬がでていれば問題ないですね~」とのこと。。。それらを飲んでも胃痛から解放されないから悩んでいるんだが、そこはぐっとこらえてひとまず説明を聞くことに。。。

 先生曰く、このような症状の患者は多く、抑うつ状態な感じらしい。

 病名を聞くと、強いて言うならば「うつ病」とのことだったのですが、帰宅後に「抑うつ」と「うつ病」は違うらしいので本当のところはどうなんでしょうね。。。

 先生の話(主に経験談)によると、私の症状の場合は、抗うつ薬を投与するのが一般的なんだけど、副作用が胃腸に出やすいらしい。

 これだけ胃痛や吐き気があると副作用で悪化しやすいので抗うつ薬は止めておきましょうとのこと、結局今回の処方はメイラックスとワイパックスということになりました。