読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安神経症なう

不安神経症(旧うつ病)のリアル報告ブログ

もう何度目か忘れてしまうほど通った心療内科を終えて

今日は心療内科の診察の日でした〜
こんなに長く通うとは思っていなかったので、果たして今日で何度目になったのか、もう記憶ではわからないほどです。
(診察券を見ればわかるけどね…)

で、症状も落ち着いているし、減薬も問題がないのでこのまま順調に治癒していけば、次回で最後の診療ということに(*^^*)!

今夜からは、さらに減薬で、薬の服用を1日おきにして様子を見ることになりました〜♪

ここで、症状がぶり返さないことを祈るのみです。

通勤時間が一気に短くなったことでブログ更新が滞ってしまいました

先月まで通勤で片道2時間、内電車に乗っている時間は45分ほどあったので、その時間を利用してブログを更新していたのですが、今の職場は片道1時間弱、内電車に乗っている時間は10分乗り換え10分と落ち着いてブログを書く時間が無くなってしまいました。

結果、ブログの更新を滞ってしまいました(反省)

まあ、他にも電車に乗っている時はツムツムに夢中になっていたということもありますが(笑)

ブログの更新が滞っていた期間は、不安症ほかの心身症の症状は安定していて、時々中途覚醒してしまうこと位なのですが、それ以上に辛いのが風邪ですね。未だ治らずといった感じです。

今週末は心療内科の診察があるので、またメイラックスの減薬を相談しようかな、なんて思っているのですが、時々ある胃痛、背中痛が気がかりではあるのですけどね。

メチャメチャ睡魔に襲われている

晩ごはん(デパ地下で買ったお弁当)も食べて、処方された薬を飲み切ったので、市販の風邪薬(ルル)を飲んで、今メチャメチャ睡魔に襲われている。

メイラックスも飲んでいないのに、今ならすぐに寝れる自信がある。

でも、布団が敷かれていない。
このままだと部屋にうたた寝。

絶対に余計に風邪をひく気がする。

でも、眠い。

少しだけ風邪が落ち着いたので、お風呂場からブログ更新

少しだけ風邪が落ち着いたので、お風呂場からブログ更新します。

でも、完調には程遠いんですよね〜
日曜日に通院して、5日分の風邪薬を処方されたのですが、飲みきったけど治らない。

そんなに平日に仕事を頻繁には休めないので、週末までは市販薬でがまんしなきゃ。

どうやら、周りの人も風邪が長引いているらしいので、皆さんも風邪には注意して下さいね。
この後は、湯冷めしないようにすぐに暖かい格好して、メイラックスを服用しておやすみなさいさせて頂きます。

では、また明日。

前々回の話の続き、保険に入っている方はよくよく契約約款を読んでみてね

前々回の記事で

utsunow.hatenablog.com

 内科にお世話になった話を書きましたが、休職中に傷病手当を貰ったのですが、一回目は内科で傷病名「逆流性食道炎」で休職して、支給してもらいました。

二回目は心療内科で傷病名「適応障害」の診断書を書いて貰って、支給してもらいました。

健康保険組合から支給される、傷病手当金は特に内科であっても、心療内科であっても違いはなく、適正に審査され、支給要件を満たしていれば支給されます。

ここで、気をつけないといけないのが、最近テレビでよく宣伝されている収入保障保険。

※ちなみに「所得補償保険」とか「収入保障保険」とか似たような名前の保険がありますが、「所得補償保険」の多くは死亡時か、三大疾病の場合に支給されるものがほとんどです。

で、今回の話は「収入保障保険」の方の話で、これは病気により休職だったり、失業だったりした場合に契約した保険金額を給料のように毎月支給してくれる保険になります。

さて、よく注意書きとか、契約約款を読んでみましょう。

たとえばアフラックの「給与サポート保険」ですが、このように注意書きが書かれています。

f:id:potechichan:20161015201428j:plain

「※精神障害や妊娠・出産などを原因とする場合を除きます。」と。

なので、心療内科などで「うつ病」や「心身症」という診断書の場合は、保険が支給されない可能性があるのです。

ということは、心身症で胃腸などに症状が現れる場合は、内科にも通院して、内科の診断書を保険会社に提出した方が良さそうですね。

残念ながら、わたしは死亡時しか支給されない「所得補償保険」なんですけどね(笑)